住まいの困ったを解決!愛犬家住宅のポイント

ワンちゃんも大切な家族のひとりです。快適なお家をご提案いたします。

安心・安全・快適に暮らしたい!愛犬家住宅のポイントはここ!

愛犬家住宅のポイントはここ!

部屋別/部位別

洗面室

小型犬であれば、洗面台でシャンプーができるように、洗面ボウルやカウンターを工夫するのもアイデア。洗面室は愛犬の身震いによる水しぶきや、ドライヤーなどで抜け毛が飛ぶので、拭き掃除が簡単にできるようにしておくのもポイント。

バスルーム

シャワーは手元で吐水・止水操作のできるものが便利。浴槽のフタを頑丈なものにし、愛犬を乗せて洗えるようにすると、シャンプーがラクにできます。排水管に抜け毛が詰まらないような配慮も必要です。

内玄関

散歩用品の収納スペースやカート置き場などのクロークがあれば、外出もスムーズにでき、玄関周りもスッキリします。

玄関ポーチ

散歩から帰った足を拭ける場所を確保。汚れをさっと洗い流せる水栓設備が玄関近くにあると便利です。

エクステリア&ガーデン

愛犬が道路に飛び出さないよう、フェンスや門扉などを設置。庭を愛犬の遊び場にする場合、近隣や訪問者にも配慮し、壁や塀などで囲うと良いです。

リードフック

愛犬をつないでおけるリードフックは、浴室や足洗い場、玄関、テラス周辺などにあると両手が使えて便利です。

テラス

半屋外スペースは、愛犬の遊び場や散歩帰りの汚れを落とす場に最適。屋根があれば雨の日でも利用できます。ガラス張りのサンルームも有効。

防音性・断熱性の高い窓は、外の音に反応してしまう敏感な愛犬のストレスを軽減します。さらには光熱費も節減。

タタミ

愛犬のヨダレやオシッコなど、タタミには大敵。摩擦やダニ・カビに強く、撥水性の高い防汚加工の施された畳表があるのでオススメです。

段差はなるべく解消しましょう。フラットな床面は愛犬ものびのび行動でき、上り下りの足腰への負担も軽減されるので、思わぬケガや高齢犬に対しても安心です。床材はキズや汚れに強くて掃除のしやすい床、そして愛犬のためには滑りにくい床材にする必要があります。取り替えが簡単にできて洗えるカーペットなども便利です。

壁・天井

壁は愛犬が体をこすりつけたり、抜け毛やヨダレ、オシッコで汚れたり、ひっかきキズが付いたり…。愛犬が触れる高さまでの壁は、キズや汚れ対策をしておくと安心。壁や天井にニオイや湿気を軽減してくれる建材を使うのも効果があります。天井は特に、鳴き声を響きにくくするために音を吸収する素材がオススメです。

リビング・ダイニング

愛犬が動きやすく、飼い主にとっても世話がしやすい間取りにしましょう。寂しがり屋の愛犬のため、家族が集まる場所の近くに愛犬が落ち着いて過ごせる専用の居場所を確保してあげましょう。愛犬のイタズラを防止し、危険なものを置かないで過ごせるように収納を確保。トイレの場所は、動線・掃除のしやすさ・空気の流れ・換気なども十分に配慮。

ドア

ペット用のくぐり戸を採用すれば、部屋を愛犬が自由に行き来できます。ドアや引き戸用のものや、壁用などの建材もあります。いざという時のために、扉をロックできるタイプがオススメです。

キッチン

キッチンに立っているときも愛犬の様子が眺められるようにすると安心。愛犬も寂しい思いをしないで過ごせます。キッチンは、愛犬にとって危険の多い場所なので、出入り口にゲートを設置して行動を制限するのもアイデアです。またゲートは、玄関に続く廊下にも設置すると来客時の愛犬の飛び出し防止になり、オススメです。

住まいの困ったを解決!愛犬家住宅のポイント

ワンちゃんも大切な家族のひとりです。快適なお家をご提案いたします。

安心・安全・快適に暮らしたい!愛犬家住宅のポイントはここ!

愛犬家住宅のポイントはここ!

部屋別/部位別

洗面室

小型犬であれば、洗面台でシャンプーができるように、洗面ボウルやカウンターを工夫するのもアイデア。洗面室は愛犬の身震いによる水しぶきや、ドライヤーなどで抜け毛が飛ぶので、拭き掃除が簡単にできるようにしておくのもポイント。

バスルーム

シャワーは手元で吐水・止水操作のできるものが便利。浴槽のフタを頑丈なものにし、愛犬を乗せて洗えるようにすると、シャンプーがラクにできます。排水管に抜け毛が詰まらないような配慮も必要です。

内玄関

散歩用品の収納スペースやカート置き場などのクロークがあれば、外出もスムーズにでき、玄関周りもスッキリします。

玄関ポーチ

散歩から帰った足を拭ける場所を確保。汚れをさっと洗い流せる水栓設備が玄関近くにあると便利です。

エクステリア&ガーデン

愛犬が道路に飛び出さないよう、フェンスや門扉などを設置。庭を愛犬の遊び場にする場合、近隣や訪問者にも配慮し、壁や塀などで囲うと良いです。

リードフック

愛犬をつないでおけるリードフックは、浴室や足洗い場、玄関、テラス周辺などにあると両手が使えて便利です。

テラス

半屋外スペースは、愛犬の遊び場や散歩帰りの汚れを落とす場に最適。屋根があれば雨の日でも利用できます。ガラス張りのサンルームも有効。

防音性・断熱性の高い窓は、外の音に反応してしまう敏感な愛犬のストレスを軽減します。さらには光熱費も節減。

タタミ

愛犬のヨダレやオシッコなど、タタミには大敵。摩擦やダニ・カビに強く、撥水性の高い防汚加工の施された畳表があるのでオススメです。

段差はなるべく解消しましょう。フラットな床面は愛犬ものびのび行動でき、上り下りの足腰への負担も軽減されるので、思わぬケガや高齢犬に対しても安心です。床材はキズや汚れに強くて掃除のしやすい床、そして愛犬のためには滑りにくい床材にする必要があります。取り替えが簡単にできて洗えるカーペットなども便利です。

壁・天井

壁は愛犬が体をこすりつけたり、抜け毛やヨダレ、オシッコで汚れたり、ひっかきキズが付いたり…。愛犬が触れる高さまでの壁は、キズや汚れ対策をしておくと安心。壁や天井にニオイや湿気を軽減してくれる建材を使うのも効果があります。天井は特に、鳴き声を響きにくくするために音を吸収する素材がオススメです。

リビング・ダイニング

愛犬が動きやすく、飼い主にとっても世話がしやすい間取りにしましょう。寂しがり屋の愛犬のため、家族が集まる場所の近くに愛犬が落ち着いて過ごせる専用の居場所を確保してあげましょう。愛犬のイタズラを防止し、危険なものを置かないで過ごせるように収納を確保。トイレの場所は、動線・掃除のしやすさ・空気の流れ・換気なども十分に配慮。

ドア

ペット用のくぐり戸を採用すれば、部屋を愛犬が自由に行き来できます。ドアや引き戸用のものや、壁用などの建材もあります。いざという時のために、扉をロックできるタイプがオススメです。

キッチン

キッチンに立っているときも愛犬の様子が眺められるようにすると安心。愛犬も寂しい思いをしないで過ごせます。キッチンは、愛犬にとって危険の多い場所なので、出入り口にゲートを設置して行動を制限するのもアイデアです。またゲートは、玄関に続く廊下にも設置すると来客時の愛犬の飛び出し防止になり、オススメです。

愛犬家住宅.comコンテンツ 愛犬家住宅NAVI 愛犬家ブログ