愛犬家住宅コーディネーター

ワンちゃんも大切な家族のひとりです。快適なお家をご提案いたします。

住まい方とお育て方の両面から愛犬家の皆さまの暮らしを応援します!

人と犬の住まいの専門家「愛犬家住宅コーディネーター(AJC)」にご相談ください。

愛犬家コーディネーター認定証

日々進化する愛犬家の住まいの事例を集め、全国のメンバーと情報を共有。

愛犬の様々なお悩みを専門的に解決できる仕組みをもっています。

愛犬家住宅に関する幅広い情報をお届けしています。

愛犬家住宅コーディネーター(AJC)にお任せ下さい!

チワワ
チワワ

愛犬のお悩み相談事例

「愛犬家住宅コーディネーター(AJC)」は、全国のメンバーやドッグライフカウンセラーなど、各種専門家との協力体制でサポートいたします。

犬

「お悩み事例.1」~子犬の甘え鳴き~

初めてラブラドールの子犬を飼い始めました。
毎日夜は、ケージで寝させています。朝起きたらトイレでおしっこの練習をさせ、おしっこを成功したら室内に出してあげて遊ばせています。遊んでいる内に遊び疲れて部屋の中で寝てしまうので、そうなったらケージに再び入れ寝かせるというのを繰り返しています。
でも、最近ではケージに入れたとたんに甘えて泣き出します。ここで泣いたからといって出してしまっていいのか、それとも、室内のじゅうたん等で寝だしたら、そのまま寝かせておいてもいいのか迷っています。あまり無理にケージに入れようとすると、ケージを嫌な場所だと思ってしまわないかと心配だし、言うことを聞き過ぎるとワガママになってしまうのではないかと心配です。どのようにしたら良いのか、教えて下さい。よろしくお願いします。

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

寝る場所としては、室内でもケージでも、飼い主さんが生活スタイルで困らないようでしたらどちらでも良いと思います。
ですが今後、車や飛行機で移動しなくてはいけなくなった場合や、ペットホテルに預ける際、犬と泊まれる宿に宿泊するような時や、あるいは病院に入院しなくてはならないという時に必要となってくるかも知れませんので、ケージの中でおとなしくしていられるように教えてあげるのが良いと思います。
「ワンちゃんには、ケージの中を気持ちの良い場所だと教えてあげましょう!」そのためには、叱らずに教えます。
まず、ワンちゃんに「入って」と声をかけ、ケージの中に入れ、扉は閉めずに入った状態で誉めてあげます。初めは必死に出てこようとすると思います。
叱りはしませんが、出さないようにしっかり押し返しながら落ち着いた声で誉めてあげて下さい。ケージの中で落ち着いた時にも、やさしく声をかけてあげます。
もしケージの奥にスキマがあるようでしたら、ワンちゃんにリードをつけ、リードを入口側から入れて通し、「入って」と声をかけ、リードを誰かに引いてもらえば、ワンちゃんに入ってもらいやすいです。この場合も必ず、声をかけてあげてからやります。
次に扉を閉めた状態で、笑顔で名前をやさしく呼んであげます。ケージの隙間から指で優しく撫でるのも良いと思います。ワンちゃんには、ケージに入っていると飼い主さんに誉められると教えてあげます。
この練習を繰り返すと、ケージに入っておとなしくしていれば、飼い主さんが誉めてくれるとわかり、ケージに入ることがワンちゃんにとっても誉められる嬉しい事だというように考え始めます。ワンちゃんにとって苦手な場所に行くときだけケージに入れていますと、ケージ嫌いになるかもしれませんので、気をつけて下さい。
また、思うようにいかないからといって、泣いたりした時にケージを叩いて叱ったりするのもよくありません。ケージに入るのが嫌いになってしまいます。
決して叱らず、根気強く教えてあげてください。

犬

「お悩み事例.2」~引越しによる不安~

わが家の愛犬は、シェットランドシープドッグで名前は「きなこ」、メス4歳です。
この度平屋だった家を建て替え、2階建てにしました。
建て替えの間3カ月程は家族揃って実家に身を寄せていましたが、その頃から急に留守番ができなくなってしまいました。実家の父母がいたのですが、私が買い物などで家を空けている間、ずっと吠え続けていたようです。
家に戻れば直るかと思っていたのですが、その後建て直した家に戻っても状況は変わらず、ご近所の方が「きなこちゃんがかわいそうだから」と教えてくれました。建て替えをする前はちゃんとお留守番していましたし、父母もよく来ていたのでもちろん可愛がってくれていて、どうして吠え続けるのでしょうか?
理由が分からず困っています。私は専業主婦で毎日長い時間家を空けているわけでもありません。

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

親切に教えてくださる方がいて良かったですね。ご近所付き合いがうまくいっているのでしょう。確かにずっと吠え続けていたのでは、迷惑だと感じる方もいらっしゃると思いますし、きなこちゃんもかわいそうです。以前は問題無かったということですので、きなこちゃんにも吠えてしまう原因があると思います。きなこちゃんの立場に立って、少し考えてみましょう。
約3カ月の間に2度お引越しがあり、住む家が変わりました。私たち人間は「家の建て替え」
→「仮住まい」→「新居に戻る」などと将来に向けた予定を考えることが出来ますが、ワンちゃんにはそこまで理解できません。きなこちゃんにとっては住み慣れた環境がガラッと変わってしまう、という変化が短い間に2度も起きてしまったことになります。
知らない環境の中に1人ぼっちで置いていかれる不安から、急に吠えるようになってしまったことが考えられます。
ワンちゃんは変化に敏感な生き物です。ちょっと家具を動かしただけでストレスを感じるよう
な繊細なワンちゃんも少なくありません。そう考えると、きなこちゃんにとって2度のお引越しがかなりの不安材料になっているのではないでしょうか。
時間が経てば新しい家に慣れて、「ここが家族と一緒に私が暮らして行く家なんだ・・・」と安心できるようになって行くと思いますが、それまでずっと吠え続けているのはかわいそうですし、逆に吠えることが習慣になってしまう可能性もありますので、できるだけ安心できる環境を作ってあげて、1からお留守番の練習をしてあげましょう。
まず、平屋を2階建てにしたということで、お留守番の時、家中すべての空間を行き来できるようにはしていませんか?
新しい環境に不安を感じているきなこちゃんにとって、今まで以上に広すぎる空間はさらに不安をかきたてます。移動できるのは、いつも寝ているハウスやサークル内、または1 つのお部屋だけにしておいた方が安心できます。そして、時間を作ってお留守番の練習をしてあげて下さい。最初は出掛けるフリをして玄関から出て行き、きなこちゃんが吠え出さないうちにすぐに戻ってよく褒めます。これを繰り返して徐々に1分、3,5,10分・・・と、待たせる時間を長くしていきます。
「ここにいれば安心なんだ。不安になったりする必要はないんだ」ということがきなこちゃんに分かれば、きっと以前のように上手にお留守番できるようになってくれますので、大きな環境の変化に戸惑っているきなこちゃんを、家族みんなで暖かく応援してあげて下さいね。

犬

「お悩み事例.3」~触ると咬みつく~

うちの子コはチワワのメスですが、家族の誰に対しても体を触られたり、何かでおおわれる(服・シャンプーなど)と、うなって咬みつきます。触りながらおやつをあげる練習をしても、全然直りません。
どうしたら、どこでも触らせてくれるコになりますか?

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

ワンちゃんは今、家族と自分ではどちらが強くてどちらが家族を守るべき立場にあるかを見極めようとしているのだと思います。
自分にとって気に入らないことをされそうになったときに、歯をむき出してうなったり、時に
は咬んだりする行為もその一つです。うなったり咬みついたりしたときに、飼い主さんがぞの行動をやめると、ワンちゃんは、ワガママが通った飼い主さんのことを、「自分より弱いから、守ってあげなくては」と思い始めます。犬社会において守る側の権力は絶対なので、下位の(守ってもらっている)ものが、上位のものにとって気に入らないことをしてきた場合、怒ってうなったり咬んだりすることは当然の行動となります。
おやつを使って練習しても上手くいかないとのことですが、上手くいっても「おやつがなければ触れない」ではさびしいですしこのような場合は、おやつを使っても良くならないケースが多いようです。
飼い主さんが、ワンちゃんを守る立場にあることを教えるためには、わんちゃんが嫌がって大暴れしても、咬みついてきても、飼い主さんがしようとしていた行為を中断しないことです。服を着せようとしていたのであれば着せるまでやめません。ブラッシングもシャンプーも最後までやりとおします。
ワンちゃんが咬みにくるようなら、ワンちゃんの口を抑えても構いません。ただし鼻筋は気道になっているため上から抑えると呼吸がしにくくなりますので口は上からではなく、下から抑えるようにします。
始めのうちは家族で力を合わせてでも、ワンちゃんのワガママを通さないように心がけてみてはいかがでしょうか。

※注意事項※

お悩み相談は、同じような悩みに見えても、個々の飼い主さんの暮らし方や犬との接し方、性格や物の考え方によって、解決策や回避策、またその伝え方が大きく変わって来ます。もちろんこれに加え、犬の性格・犬種・年齢など様々な要素でも内容が変わります。
10組の飼い主さんと犬が居たら、10通りのお悩み相談回答が存在しますので、こちらの相談事例はその一例に過ぎません。御注意下さい。

愛犬家住宅コーディネーター

ワンちゃんも大切な家族のひとりです。快適なお家をご提案いたします。

住まい方とお育て方の両面から愛犬家の皆さまの暮らしを応援します!

人と犬の住まいの専門家「愛犬家住宅コーディネーター(AJC)」にご相談ください。

愛犬家コーディネーター認定証

日々進化する愛犬家の住まいの事例を集め、全国のメンバーと情報を共有。

愛犬の様々なお悩みを専門的に解決できる仕組みをもっています。

愛犬家住宅に関する幅広い情報をお届けしています。

愛犬家住宅コーディネーター(AJC)にお任せ下さい!

 

チワワ
チワワ

愛犬のお悩み相談事例

「愛犬家住宅コーディネーター(AJC)」は、全国のメンバーやドッグライフカウンセラーなど、各種専門家との協力体制でサポートいたします。

犬

「お悩み事例.1」
~子犬の甘え鳴き~

初めてラブラドールの子犬を飼い始めました。
毎日夜は、ケージで寝させています。朝起きたらトイレでおしっこの練習をさせ、おしっこを成功したら室内に出してあげて遊ばせています。遊んでいる内に遊び疲れて部屋の中で寝てしまうので、そうなったらケージに再び入れ寝かせるというのを繰り返しています。
でも、最近ではケージに入れたとたんに甘えて泣き出します。ここで泣いたからといって出してしまっていいのか、それとも、室内のじゅうたん等で寝だしたら、そのまま寝かせておいてもいいのか迷っています。あまり無理にケージに入れようとすると、ケージを嫌な場所だと思ってしまわないかと心配だし、言うことを聞き過ぎるとワガママになってしまうのではないかと心配です。どのようにしたら良いのか、教えて下さい。よろしくお願いします。

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

寝る場所としては、室内でもケージでも、飼い主さんが生活スタイルで困らないようでしたらどちらでも良いと思います。
ですが今後、車や飛行機で移動しなくてはいけなくなった場合や、ペットホテルに預ける際、犬と泊まれる宿に宿泊するような時や、あるいは病院に入院しなくてはならないという時に必要となってくるかも知れませんので、ケージの中でおとなしくしていられるように教えてあげるのが良いと思います。
「ワンちゃんには、ケージの中を気持ちの良い場所だと教えてあげましょう!」そのためには、叱らずに教えます。
まず、ワンちゃんに「入って」と声をかけ、ケージの中に入れ、扉は閉めずに入った状態で誉めてあげます。初めは必死に出てこようとすると思います。
叱りはしませんが、出さないようにしっかり押し返しながら落ち着いた声で誉めてあげて下さい。ケージの中で落ち着いた時にも、やさしく声をかけてあげます。
もしケージの奥にスキマがあるようでしたら、ワンちゃんにリードをつけ、リードを入口側から入れて通し、「入って」と声をかけ、リードを誰かに引いてもらえば、ワンちゃんに入ってもらいやすいです。この場合も必ず、声をかけてあげてからやります。
次に扉を閉めた状態で、笑顔で名前をやさしく呼んであげます。ケージの隙間から指で優しく撫でるのも良いと思います。ワンちゃんには、ケージに入っていると飼い主さんに誉められると教えてあげます。
この練習を繰り返すと、ケージに入っておとなしくしていれば、飼い主さんが誉めてくれるとわかり、ケージに入ることがワンちゃんにとっても誉められる嬉しい事だというように考え始めます。ワンちゃんにとって苦手な場所に行くときだけケージに入れていますと、ケージ嫌いになるかもしれませんので、気をつけて下さい。
また、思うようにいかないからといって、泣いたりした時にケージを叩いて叱ったりするのもよくありません。ケージに入るのが嫌いになってしまいます。
決して叱らず、根気強く教えてあげてください。

犬

「お悩み事例.2」
~引越しによる不安~

わが家の愛犬は、シェットランドシープドッグで名前は「きなこ」、メス4歳です。
この度平屋だった家を建て替え、2階建てにしました。
建て替えの間3カ月程は家族揃って実家に身を寄せていましたが、その頃から急に留守番ができなくなってしまいました。実家の父母がいたのですが、私が買い物などで家を空けている間、ずっと吠え続けていたようです。
家に戻れば直るかと思っていたのですが、その後建て直した家に戻っても状況は変わらず、ご近所の方が「きなこちゃんがかわいそうだから」と教えてくれました。建て替えをする前はちゃんとお留守番していましたし、父母もよく来ていたのでもちろん可愛がってくれていて、どうして吠え続けるのでしょうか?
理由が分からず困っています。私は専業主婦で毎日長い時間家を空けているわけでもありません。

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

親切に教えてくださる方がいて良かったですね。ご近所付き合いがうまくいっているのでしょう。確かにずっと吠え続けていたのでは、迷惑だと感じる方もいらっしゃると思いますし、きなこちゃんもかわいそうです。以前は問題無かったということですので、きなこちゃんにも吠えてしまう原因があると思います。きなこちゃんの立場に立って、少し考えてみましょう。
約3カ月の間に2度お引越しがあり、住む家が変わりました。私たち人間は「家の建て替え」
→「仮住まい」→「新居に戻る」などと将来に向けた予定を考えることが出来ますが、ワンちゃんにはそこまで理解できません。きなこちゃんにとっては住み慣れた環境がガラッと変わってしまう、という変化が短い間に2度も起きてしまったことになります。
知らない環境の中に1人ぼっちで置いていかれる不安から、急に吠えるようになってしまったことが考えられます。
ワンちゃんは変化に敏感な生き物です。ちょっと家具を動かしただけでストレスを感じるよう
な繊細なワンちゃんも少なくありません。そう考えると、きなこちゃんにとって2度のお引越しがかなりの不安材料になっているのではないでしょうか。
時間が経てば新しい家に慣れて、「ここが家族と一緒に私が暮らして行く家なんだ・・・」と安心できるようになって行くと思いますが、それまでずっと吠え続けているのはかわいそうですし、逆に吠えることが習慣になってしまう可能性もありますので、できるだけ安心できる環境を作ってあげて、1からお留守番の練習をしてあげましょう。
まず、平屋を2階建てにしたということで、お留守番の時、家中すべての空間を行き来できるようにはしていませんか?
新しい環境に不安を感じているきなこちゃんにとって、今まで以上に広すぎる空間はさらに不安をかきたてます。移動できるのは、いつも寝ているハウスやサークル内、または1 つのお部屋だけにしておいた方が安心できます。そして、時間を作ってお留守番の練習をしてあげて下さい。最初は出掛けるフリをして玄関から出て行き、きなこちゃんが吠え出さないうちにすぐに戻ってよく褒めます。これを繰り返して徐々に1分、3,5,10分・・・と、待たせる時間を長くしていきます。
「ここにいれば安心なんだ。不安になったりする必要はないんだ」ということがきなこちゃんに分かれば、きっと以前のように上手にお留守番できるようになってくれますので、大きな環境の変化に戸惑っているきなこちゃんを、家族みんなで暖かく応援してあげて下さいね。

犬

「お悩み事例.3」
~触ると咬みつく~

うちの子コはチワワのメスですが、家族の誰に対しても体を触られたり、何かでおおわれる(服・シャンプーなど)と、うなって咬みつきます。触りながらおやつをあげる練習をしても、全然直りません。
どうしたら、どこでも触らせてくれるコになりますか?

「ドッグライフカウンセラー講師からのアドバイス」

ワンちゃんは今、家族と自分ではどちらが強くてどちらが家族を守るべき立場にあるかを見極めようとしているのだと思います。
自分にとって気に入らないことをされそうになったときに、歯をむき出してうなったり、時に
は咬んだりする行為もその一つです。うなったり咬みついたりしたときに、飼い主さんがぞの行動をやめると、ワンちゃんは、ワガママが通った飼い主さんのことを、「自分より弱いから、守ってあげなくては」と思い始めます。犬社会において守る側の権力は絶対なので、下位の(守ってもらっている)ものが、上位のものにとって気に入らないことをしてきた場合、怒ってうなったり咬んだりすることは当然の行動となります。
おやつを使って練習しても上手くいかないとのことですが、上手くいっても「おやつがなければ触れない」ではさびしいですしこのような場合は、おやつを使っても良くならないケースが多いようです。
飼い主さんが、ワンちゃんを守る立場にあることを教えるためには、わんちゃんが嫌がって大暴れしても、咬みついてきても、飼い主さんがしようとしていた行為を中断しないことです。服を着せようとしていたのであれば着せるまでやめません。ブラッシングもシャンプーも最後までやりとおします。
ワンちゃんが咬みにくるようなら、ワンちゃんの口を抑えても構いません。ただし鼻筋は気道になっているため上から抑えると呼吸がしにくくなりますので口は上からではなく、下から抑えるようにします。
始めのうちは家族で力を合わせてでも、ワンちゃんのワガママを通さないように心がけてみてはいかがでしょうか。

※注意事項※

お悩み相談は、同じような悩みに見えても、個々の飼い主さんの暮らし方や犬との接し方、性格や物の考え方によって、解決策や回避策、またその伝え方が大きく変わって来ます。もちろんこれに加え、犬の性格・犬種・年齢など様々な要素でも内容が変わります。
10組の飼い主さんと犬が居たら、10通りのお悩み相談回答が存在しますので、こちらの相談事例はその一例に過ぎません。御注意下さい。

愛犬家住宅.comコンテンツ 愛犬家住宅NAVI 愛犬家ブログ